オナホの正しい使い方とは?「初オナホ」を失敗しないためのオナホール基礎知識まとめ

死んでしまうとはなさけない

「非常に興味はあるけど使ったことはない」でお馴染みのオナホール。

私自身もVRエロ動画に出会う前は興味本位で試した程度でした。しかし、「VRエロ動画+オナホ」にハマって以来、いつの間にか”最高の贅沢”という位置付けに(笑)

ただ、「オナホールの正しい使い方」って自分で調べない限り知ることはありません。なんとなく使ってみて失敗する…というケースは意外と多いものです。

今回は「初オナホで失敗しないためのオナホール基礎知識」についてお話したいと思います。

VRエロ動画+オナホールの魅力

私がオナホに興味を持つきっかけはズバリ「VRエロ動画」

もちろん、VR登場以前にもオナホの存在は知っていましたが、「オナニーにエロ動画以外のお金をかけるのはなぁ…」という意識がブレーキをかけていたのだと思います。

ところが、ちょうどVRエロ動画に慣れてきた頃に「あれ?これって…」と、ふとオナホールの存在を意識し始めました。

悩むコナンくん

大前提としてVRエロ動画は「本物」ではありません。そして、オナホールも当然「本物」ではありません。

しかし、両者を組み合わせることで「それぞれのリアリティが飛躍的に向上する」ことはイメージできるでしょうか。

VRエロ動画を観てる時の”手元”

文学美少女のVRエロ動画

VRエロ動画はその没入感により、目の前の女の子とのバーチャルセックスが楽しめます。

また、高性能なVRゴーグルやVRヘッドセットを使うことでリアル度は増し増しです。

しかし、視覚と聴覚はどんどんリアルに近づいていく反面、刺激を与えるのは相変わらず自分の手…。

実はこの「手の感覚」がVRエロ動画への没入感を邪魔してしまうのです。

オナホールが視界に入ると…

次にオナホールを考えてみましょう。

オナホールは自分のモノを物理的に挿れることで、リアルな「挿入感」を得ることができるアイテムです。

体験してもらえば分かりますが”オナホの挿入感”は非常にリアルです。

オナホール

なんせ「…おほぉ」って声出ちゃいましたから(笑)

ところが、オナホユーザーは意識的にしろ無意識的にしろオナホを視界に入れたがりません。

これはオナホを視界に入れることで「リアルな挿入感」の邪魔になることを本能的に理解しているからだと思います。

VRエロ動画とオナホは理想的な補完関係

「VRは手元の”感触”が気になる」

「オナホは”視界”に入ると気が散る」

…もうお分かりですね。

そうです。VRエロ動画とオナホールは理想的な補完関係にあるアイテムなのです!

VRエロ動画+オナホール

VRゴーグルを付けることで必然的に手元(股間)は見えなくなるし、オナホールを装着することで手の感覚もありません。まさにWin-Win!

VRエロ動画とオナホのコンビネーションは、割と本気で「言葉にできない」くらい最高の”エンタメ”だと思います。

オナホのタイプについて

ここからは「オナホールの基本」について解説していきます。

まずはオナホのタイプについて。

細かく分類すればもっとあるんですが、オナホ初心者にも分かりやすいように代表的なタイプを紹介します。

使い捨て型

その名の通り使い捨てなので、「お手軽」「安い」というメリットがあります。

TENGA

代表的なのはやはり「TENGA」。世間的なオナホのイメージといえばコレではないでしょうか。

携帯性もいいので旅のお供にオススメ。

ハンドホール型

ハンドホール型オナホ

水筒くらいの大きさなので、片手で持てる再利用可能なオナホール。コスパ的には最も優れており、商品のラインナップも豊富です。

ハンドホール型には「貫通型」「非貫通型」があって、貫通型はオナホの前後に穴があり、それが繋がっているタイプ。非貫通型は穴が繋がってないのでより本物に近いタイプですね。

もちろん人気は非貫通型。いつもお世話になっております。

据え置き型

据え置き型オナホ

別名「大型オナホール」。分かりやすく言うと「部分的なラブドール」でしょうか。

テーブルやベッドに置いて腰を振ったり、仰向けで上に置いて上下左右に動かしたりして使用します。

VR映像と組み合わせることで、最も「リアルセックス」に近づけるタイプのオナホですね。

電動オナホ

A10サイクロン(オナホ)

スイッチONで自動で動いてくれる文明の利器。

マッサージ器のような振動、掃除機のような吸引など、マシンならではの快感が味わえます。

また、アダルトフェスタVRでは「映像と電気オナホの連動システム」も用意されています。

VR映像とオナホがリンク

予算に余裕がある方はぜひ。

オナホのタイプ一覧表

一般的なオナホのタイプを表にまとめました。

貫通タイプ ストレートタイプ スパイラルタイプ
貫通しているので開放感はバツグン。洗浄しやすく、メンテナンスが簡単なのも魅力。 非貫通ではオーソドックスなタイプ。中の構造も様々でバリエーション豊富です。 上下、左右の運動に加え、回転させると違った刺激が楽しめる欲張り構造。
無次元加工タイプ 2重構造タイプ フェラチオタイプ
処女感が体験できる、掻き分けて突き進む挿入感が非常にリアルな匠の技。 内部と外部を異なる2素材で作り上げる手法。他にはない膣圧を再現! 女の子のお口型オナホ。舌や口内の感触、バキューム感までも再現しています。
人型造形タイプ クリアタイプ 特殊タイプ
いわゆる据え置き型。大きくて重いですが、ハンパない実在感にハマること間違いなし。 透明・半透明の素材を採用してるので中身が丸見え。 大きく歪曲した加工は見た目のインパクトも大。ダイナミックな刺激も魅力的。

※オナホールの通販ショップ「NLS」さんより引用

オナホの選び方

次にオナホの選び方です。

タイプも価格もバラエティ豊かな分、オナホ初心者は「何を買えばいいか分からない…」となりがちです。

結果、「分からないからいいや」と買わずに終わってしまっては本末転倒。

そうならないように、基本的な判断基準だけ理解しておきましょう。

凹凸の数で感度が変わる

オナホの構造

各メーカー、各モデルで中の構造が微妙に異なります。

本物と同じように、刺激の強いオナホもあれば刺激が弱いオナホだってあるのです。

分かりやすいのは凸凹の数。基本的に凸凹が多ければ多いほど刺激は強くなります。

商品画像でしっかりと中の構造を把握しましょう。

「硬さ」と「キツさ」は好みで選ぶ

色々なオナホ

オナホは「硬さ」と「キツさ」でも感度は変わります。

基本的には「硬いほど刺激が強い」という認識でOKで。硬めのオナホは「ハード系」と呼ばれていて、入り口も狭めに作られている場合が多いですね。

逆に「柔らかい」モデルや「ゆるい」タイプのオナホはまったり楽しみたい時にオススメ。

ぬくぬくフワとろの感触に包まれてる感覚は、ハード系とはまた違った気持ちよさがあります。

価格と品質は比例する

価格と品質

あらゆる物に言えることなのですが、オナホの品質も価格に左右されます。

最初に使ったオナホが安くて品質の悪いものだった場合、「…こんなものか」とオナホ離れしてしまいがち…。悲劇と言ったら言い過ぎですが、実際あまりにも「MOTTAINAI(もったいない)」ことです。

初オナホこそ、コスパに優れたものを選びましょう。

→選び方については「オススメのオナホランキング」で詳しく解説しています。(※準備中)

オナホの基本的な使い方

続きましてオナホの基本的な使い方です。

オナホは正しく使うことで、初めてその真価が発揮されます。

強く握りすぎない

強く握る

オナホ初心者がついついやってしまいがちなのですが、オナホを強く握るのはNGです。

もともと、中の構造を工夫して作られているので握らなくても締めつけ感はあります。私達は普通のオナニーの強い刺激に慣れすぎなのでしょう。

もちろん、強い刺激がお好みなら「ハードタイプ」を選択すれば大丈夫です。

「ぬるっ」と落とす

オナホへの挿入が浅い状態で握りを緩めてみましょう。

キツすぎないオナホであれば自重で「ぬるっ」と落ちてきます。その自然体の優しい感触ときたら…。

密かなマイブームです(笑)

腰も動かしてみよう

オナホ本体を動かすのではなく、オナホに向けて腰を動かすのもオススメです。

特に据え置き型のオナホではこちらがメインになるでしょう。

この場合はけっこうハードに打ち付けるのもオススメで、オナホの肉感が非常に素晴らしいので遠慮なくピストンしてください。

「パァンッ!!」と素晴らしい音が響き渡ることでしょう。

コンドームとの併用もオススメ

オナホとコンドームの組み合わせ

仕様後のメンテナンスを簡単にするためにはコンドームの併用もオススメです。

特に貫通型の場合は、汁の飛び散り防止もしてくれます。

せっかくVRオナニーで気持ちよくなったのに、後処理で気持ちが萎えたら本末転倒ですからね(笑)

オナホの取り扱い

オナホは取り扱いにもコツがあります。

大切なオナホを長く気持ちよく楽しむためにも、基本的な部分だけでも押さえておきましょう。

オナホを温めるとマ◯コ感アップ!

オナホは温めてから使いましょう。

目安としては人肌よりも「体内」なので、体温よりも少し高くなるくらいが「挿入して声が出ちゃう温かさ」です。

方法はいろいろあって、お湯、オナホウォーマー、こたつ、電気毛布、電子レンジなどなど。

オナホウォーマー

オススメはオナホウォーマーですね。

ローションを垂らして10分~20分で「ナカ」の温かさです。

オナホ用便利グッズの紹介

オナホを運用する際に便利なアイテムを紹介します。

オナホウォーマー

【オナホウォーマー】

オナホ用カイロ。使用前に本体に突っ込んでおき、数分~十数分もすればぬくぬくオ◯ンコの出来上がり。基本的にはローションを適量注ぎ込んでから挿れて使いましょう。もちろん防水性もあります。

Amazon

オナホ乾燥(珪藻土スティック)

【オナホ乾燥剤】

珪藻土(けいそうど)という素材を使ったオナホ専用乾燥剤。使い方は画像の通り。中を洗った後に突っ込んでグニュグニュ揉めばOK。本体自体はすぐに乾くので(たぶん)一生使えます。

Amazon

ベビーパウダー

【ベビーパウダー】

赤ちゃんの肌触りを再現してくれるアイテム。使用後、本体を洗った後にオナホ全体に揉み込むように使用する。ホコリやゴミの付着、及び本体(シリコンゴム部分)の劣化も防ぐ。

Amazon

【ローション】

オナホ仕様時には必須となるアイテム。中の濡れ具合、ヌルヌル具合を自由自在に調整できるとか最高かよ。温めてオナホに注ぎ込むもよし、注ぎ込んでからオナホウォーマーで温めてもよし。

Amazon

マイクロファイバークロス

【吸水クロス】

別名「マイクロファイバークロス」。吸水性が非常に高く、また吸水の際に繊維が付かないのでオナホが汚れません。100均でも購入できます。

Amazon

アフターケアも超大事!

仕様後のアフターケアについて簡単に説明しておきます。

使ってそのまま放置する人はさすがにいないでしょうが、洗浄を中途半端にしたり、濡れたまま保管するのは絶対にNGですからね。

では、最もオーソドックスな「ゴムを付けずに中出ししたケース」で考えてみましょう。


【洗浄】

オナホ洗浄

まずはナカを洗います。

ボディソープや洗剤を適量流し入れ、お湯をかけながらオナホの中を洗浄します。

オナホ自体は伸縮性に優れているので、よほど激しい洗い方をしない限りは壊れることはありません。

中のヌルヌル感が取れるまでシャワーなどで洗い流せばOKです。


【乾燥】

オナホ乾燥(珪藻土スティック)

洗浄後はしっかりと水分を取ります。

外側は給水クロスで、内側は専用(↑珪藻土スティック)のアイテム突っ込んで水気を吸収します。

特に中の水分をしっかりと撮らないとカビが生えたり、菌の温床になってしまうので要注意です。


【ベビーパウダー】

ベビーパウダー

最後にオナホ全体にベビーパウダーを馴染ませるます。

こうすることで本体の保護の役割を果たし、かつホコリやゴミも付着しにくくなります。

やるかやらないかでオナホの耐久性はかなり違ってきます。

まとめ:これからのVRエロ動画とオナホ

本当は「お勧めのオナホランキング」も紹介したかったのですが、思った以上に記事が長くなってしまったのでそれは別記事で。

私自身、オナホとはまだ付き合い始めたばかりなので試行錯誤の日々が続いています。

ぶっちゃけ、オナホを使ったオナニーは準備やアフターケアが面倒くさいのは否めません。しかし、それを補って余りある”気持ちよさ”たるや…。

VRエロ動画+オナホール

楽しみなのは「今後もVRとオナホは進化していく」という事実。昨今のテクノロジーの発展を考えると疑問の余地はありません。

今現在の気持ちよさでも大満足なのに、これ以上進化しちゃったらいよいよ「生身のセックスからの卒業」も現実味を帯びてきます。もはや楽しみを通り越してちょっと怖いくらいです(笑)

オナホに少しでも興味を持っていただけたら、↓のランキングを参考にしてみてください。

→オススメのオナホランキング(準備中)

オナホール
最新情報をチェックしよう!