「碧木凛」が「黒崎さく」として再デビュー!天性のロリ系AV女優のススメ

AV女優・碧木凛(黒崎さく)の画像

個人的に好きな女優さんを紹介している不定期連載。

今回紹介するのは「天性の攻められ上手」に加え、そのミニロリな見た目からは想像できないハードで背徳感のあるプレイが魅力の「黒崎さく(碧木凛)」さんです。

AV女優「黒崎さく(碧木凛)」のプロフィール

まずは基本的なプロフィールから。

  • 名前:黒崎さく
  • 別名義:碧木凛、りん、凛、工藤ひろの
  • 生年月日:1996年11月30日
  • 身長:151cm
  • 体重:-
  • スリーサイズ:78-60-85
  • 女優タイプ:ミニロリ系

プロフィールから分かるとおり、小柄なミニロリ系のAV女優さんです。別名義がいくつかありますが、基本的には「碧木凛」から派生した「りん」「凛」がほとんどですね。

碧木凛のデビューから引退、黒崎さくのデビューまで

「黒崎さく」はもともと「碧木凛(あおきりん)」という名前で活動していたAV女優さんです。

彼女を最初に知ったのは、「日焼け跡の残るパイパンロリータ少女中出し調教」という作品で、「…なんだ?この色白なメガネのロリっ娘は?」と衝撃を受けたものです。

「日焼け跡の残るパイパンロ●ータ少女中出し調教 しゅなとりん」のジャケット画像

ちなみに、その時は「りん」という名義だったため、その女優さんが碧木凛さんであることが判明するまで結構な時間と手間をかけてしまいました。僕自身はその時からのファンなので、結果的に「碧木凛」はもちろん「りん」名義の作品もほぼ観ていたことになります。

「碧木凛」名義では活動時期も短く、また作品数も少なかったので知名度的にはそれほどでもないかもしれませんが、なぜかハマってしまう不思議な魅力があるAV女優さんでした。

引退と再デビュー

そんな碧木凛さんですが、いつの間にか新作がリリースされない期間が続きました。なんとなく「引退したのか…」と、感付いた時は少なからず落ち込んだものです。

ところが平成から令和に切り替わる直前、2019年の4月に「黒崎さく」名義で復帰することを知り、Twitterもさっそくフォローさせていただきました。

好きだったAV女優さんが引退した時、ファンは落ち込むと同時に「その後の足取りを追ってはいけない」のが暗黙のルールだと思っています。その点についてはアメトーークでもケンコバさんが言及されていましたね。

ただ、それでもカムバックしてくれた時は本当に「圧倒的感謝」しかありません。

AV女優「碧木凛」について

デビューは2015年。当時18歳の時にAV女優としてのキャリアをスタートさせました。

「本デリ生ハメ素人娘Vol.1 凛」のジャケット画像

ちなみに碧木凛さんはデビュー前はコスプレイヤーとして活躍していて、その界隈ではかなりの知名度を誇るレイヤーさんでした。当然、AVデビュー時はかなり話題になっていたそうです。(このへんは全然知りませんでした)

デビュー当時はコスプレ系の作品が多かったですが、そのミニロリな見た目に反してハードな作品へも出演するようになっていきます。ちなみに、デビュー年である2015年に「カリビアンコム」から無修正作品もリリースされています。

AV女優・碧木凛の画像

放課後に、仕込んでください ~おじさんといる方が楽しいし~

キャリアを通じた作品のラインナップを見てもらえばわかりますが、レイプ、スカトロ、アナルなどなど…少ない作品数の割にかなり多彩なジャンルの作品に出演しています。

決して美人系ではなく、むしろ顔立ちの幼さや垢抜けなさが特徴的な彼女。ただ、その「ロリ感」と「幸薄感」の相乗効果により、ハードな作品でイジメられている姿は抜群でした。

特に怯えている表情や演技、一辺倒ではない喘ぎ声などなど、そのポテンシャルは女優さんの中でも群を抜いていると思います。

個人的には、彼女ほど観ていて背徳感を感じるAV女優さんは記憶にありません。

「黒崎さく」Twitter情報

そんな彼女ですが、2019年現在は「黒崎さく」として活動中。今年の4月にはTwitterも始めたようです。ツイート内容を見てみると「碧木凛」名義の作品にも自ら触れてるのがファンとしては嬉しいところ。

写真の雰囲気から分かる通り「黒崎さく」はどこか病んでる空気があるというか、太陽と月だったら月、陰陽で言ったら間違いなくダークサイド側の人間です(断言w)。

もちろんこれは私は勝手に思ってるだけですが、それは決してネガティブな意味ではありません。そのダークさが彼女の作品から感じられるインモラルな雰囲気に繋がってるのだと思います。

復帰してからはどこか大人びた雰囲気になっていて、「碧木凛」時代のミニロリさが薄くなっているのは気になるところで…と思いきや、

…この子供服の着こなし。「さすが」の一言です(笑)

今の所、個人名義でのリリースはありませんが個人的には期待したいところです。

「碧木凛」のオススメ作品

全て「碧木凛」名義ではありますが、オススメの作品を紹介したいと思います。

本デリ生ハメ素人娘Vol.1 凛(デビュー作)

「本デリ生ハメ素人娘Vol.1 凛」のジャケット画像

ギャル系のメイクのせいか、ミニロリ感が薄めで大人っぽいビジュアルの碧木凛が楽しめる本作。

デビュー作ながら評価も高く、存分にそのエロポテンシャルを発揮しています。碧木凛さんはなんというか、「乱暴に扱われてる感」を出すのが上手いというか…。声が乱れたり、頭や体がガクガクしている感じが非常にエロいです。

「本デリ生ハメ素人娘Vol.1 凛」の画像

「本デリ生ハメ素人娘Vol.1 凛」の画像

「本デリ生ハメ素人娘Vol.1 凛」の画像

AVなので素なのか演技なのかは分かりませんが、デビュー作であることを考えると「碧木凛」というAV女優の素質なんだと思います。

過激なオプションで大人気。予約の取れない添い寝リフレ。

「過激なオプションで大人気。予約の取れない添い寝リフレ。」の画像

ミニロリJKリフレ系の作品。JK・碧木凛が堪能できる作品です。

一時期ブームになったJKリフレの設定で、お客さんが暴走して女の子たちと無理やりエッチしちゃう内容。

「過激なオプションで大人気。予約の取れない添い寝リフレ。」の画像

「過激なオプションで大人気。予約の取れない添い寝リフレ。」の画像

碧木凛さんをメインで紹介していますが、他の女の子たちもミニロリ系で可愛いのでオススメ。凛ちゃんを交えた複数プレイも堪能できます。

2016年リリースですが十分に楽しめる作品です。

繰り返される。リアルな不純異性交遊。りん

「繰り返される。リアルな不純異性交遊。りん」の画像

一言でいうと「The・碧木凛」という作品で、エッチな悪戯をされちゃう「カワイソウな女の子」がコレ以上無いほどハマっています。

メイクも薄めでとにかく幼い…にも関わらずプレイ内容はハード路線。

「繰り返される。リアルな不純異性交遊。りん」の画像

「繰り返される。リアルな不純異性交遊。りん」の画像

セーラー服姿あり、スク水あり、放尿、飲尿、ぶっかけなどなど…。また、初期作品のためか珍しくパイパンではなく、それが逆に背徳感を強調しています。

日焼け跡の残るパイパンロ●ータ少女中出し調教 しゅなとりん

「日焼け跡の残るパイパンロ●ータ少女中出し調教 しゅなとりん」の画像

この作品はその界隈では人気のある「日焼け跡シリーズ」の一作ですね。

エッチなおぢさんのボロアパートに呼び出された2人のミニロリ娘。そのアパートの一室で彼女たちイケない悪戯をしちゃう…という内容です。ちなみにミニロリ系が好きならシリーズの他の作品もオススメ。

「日焼け跡の残るパイパンロ●ータ少女中出し調教 しゅなとりん」の画像

「日焼け跡の残るパイパンロ●ータ少女中出し調教 しゅなとりん」の画像

「日焼け跡の残るパイパンロ●ータ少女中出し調教 しゅなとりん」の画像

作品では「りん」名義で他の作品ではかけないメガネをかけてる碧木凛さん。これがまたよくお似合いなんですよ。ちなみにジャケットを見て分かる通り、りんちゃんが別に日焼けしてないのはスルーしてあげましょう(笑)

色白+パイパン+メガネ+スク水+ハメ撮り+3P…と、いろんなプレイが楽しめるのが今作の魅力。意外と珍しいメガネっ娘もハマってます。

黒崎さくは「そっち系」の趣味の人にはかなりオススメで、私のように「ハマる人はとことんハマる」タイプのAV女優さんですね。決して美人タイプではないんですが、なんかこうクセになるんですよね…(笑)

復帰してくれたことに感謝しつつ、今後の活躍を陰ながら応援しています。

AV女優・碧木凛(黒崎さく)の画像
最新情報をチェックしよう!